アダルト動画 DUGA -デュガ-

発射もシコシコも止めることが許されない斬新な快感!ミニスカ美女がパンチラを見せつけてくるものの…

より人肌に近い柔らかさを実現

「誘惑的パンチラコレクション 2」の概要

パンチラ挑発画像

股間を見つめる貴方のエッチな視線に気が付いた彼女は、怪しく微笑みながら貴方を人気のない場所へと連れて行く。そして2人っきりの空間で貴方を待っている。パンチラというとても甘美な空間!

メーカー:アロマ企画
レーベル:AROMA

出演者:大槻ひびき 桜木優希音 横山みれい 今井ゆあ 若菜まゆ 来栖らいち

「誘惑的パンチラコレクション 2」サンプル動画

DUGAの無料動画をガンガン見たい方へ

DUGAではどの作品もサンプル動画が見れますが、1日に5本までという制限があります。その制限をなくす方法は無料会員登録するだけです。メールとパスワードと年齢だけで登録できますから簡単ですよ。無料会員登録すればサンプル動画は見放題です。

無料会員登録はこちらから

「誘惑的パンチラコレクション 2」の内容

ミニスカートの女性を見ると「どんなパンティを穿いているのかな?パンチラが見たい」とパンチラファンなら誰でも思うこと。そう思いパンチラチャンスを伺ってミニスカ美女を尾行すると、貴方の視線に気づいたミニスカ美女は、貴方を人気のない場所へと導き、「これが見たいんでしょ?」と大胆にパンツを見せつけてくる。大好きなパンチラを目の前で大胆に魅せつけられ興奮した貴方は、たまらずチ●ポを出して彼女の目の前でシゴき始める。そして貴方が発射しそうになると、「誰がイッていいと言ったの?」と冷たく言い放つミニスカ美女。イクこともシコシコを止めることも許されない興奮がそこに!

「誘惑的パンチラコレクション 2」の感想

パンチラ挑発画像

この作品の特徴はパンチラや淫語だけじゃなくて射精させてくれないところ。「私のパンツ見て興奮してるの?チンコおっきくしてるんだぁ~」とか言いながら挑発するのに、イキそうになると、「チ●ポ、シゴいてイケなくて悶えてるの見るのが好きなの。ほら、もっと早く、手ぇ動かしてっ!」なんて言いながら射精もシコくことを止めることも許してくれないところです。普通はカウントダウンなんかで発射を促してくれるんですが、そうではなくシゴき続けさせられるというなかなか斬新なシチュエーションに興奮させられますよ^^;

動画本編はこちらから

管理人のエロ妄想

ある日のこと、パンチラチャンスを探して街をブラブラしていると、ミニスカートにスラリと伸びた美脚のお姉さんを発見。「これはパンチラチャンスか!」と思いその女性を尾行する。尾行しながら、「このお姉さんはどんなパンティを穿いてるのかな~、実はノーパンだったりして!」などと頭の中でいろいろな妄想が膨らむ。

すると女性がデパートへと入って行った。俺もデパートに入り尾行を続ける。エスカレーターに乗るお姉さん。心の中で「チャンス!」と思い少し距離を置いて俺もエスカレーターに乗る。しかし見えそうで見えない。そうしている内にエスカレーターが2階に到着してしまう。心の中で「次も乗ってくれ!」と願っていると、お姉さんは2階から3階へと向かうエスカレーターに乗る。

俺も同じようにエスカレーターに乗る。そしてチャンスはやって来た。お姉さんが靴に着いたほこりを手で払おうとかなり前かがみになったのだ。視線を太ももに集中させ、凝視する俺。すると股間に食い込む白いパンティがモロに見えた!このパンチラが拝めた瞬間がたまらない。

心の中で「ラッキー!」と思いながらも「もう1回見たい!」と思った俺は尾行を続ける。するとお姉さんはなぜか、下りのエスカレーターに移動し、そのままデパートを出てしまう。そのまま俺も尾行を続ける。

だんだん人気のない方向へと歩いていき、寂しげな公園に入って行くお姉さん。トイレの方へと向かうが、トイレには入らずその裏の方に進んでいく。そして立ち止まりいきなり振り返る。そして「コレが見たいんでしょっ!」と自らスカートをめくる。お姉さんの美脚と丸見えの白いローレグローライズのパンティ!お姉さんは芝生の上で四つん這いになったりしながら、さらに大胆にパンチラで挑発してくる。

頭の中に「???」が浮かぶもののこんなチャンスはあり得ない。「せっかくだから、じっくり拝ませてもらおう♪」とパンチラ挑発を見ていると、もちろん股間が元気になってくる。するとお姉さんが、「そろそろおチ〇ポがおっきくなったんじゃない?おチ〇ポ出して大好きなパンチラ見ながらシゴいていいのよっ!」と、勃起したチ〇ポを出して自分でシゴくよう促してくる。

ならば遠慮なくと、フル勃起で我慢汁を垂らして待っていたチ〇ポを出してシゴき始める。すぐにイキたくなる。それを察したお姉さんは「発射しちゃダメっ!出したら人を呼ぶからねっ!」なんて言い出す。驚いてシゴくのを止めようとすると今度は「シコシコを止めてもダメよっ!そのまま射精せずにシコシコし続けて!」と命令してくる。

シゴくスピードを落としたりしながら、我慢する俺。するとお姉さんが自ら俺のチ〇ポを握って、シゴき始めた。コレじゃ我慢できるはずもなく、そのまますぐに発射。するとお姉さんは「おチ〇ポ、もっと鍛えないとダメよ♪」と何事もなかったかのように去って行った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする