アダルト動画 DUGA -デュガ-

シミつきパンチラから目が離せない!無防備な体勢でムラムラする制服JK!

より人肌に近い柔らかさを実現

「AVマニアの僕の部屋にAVを見にきた同級生(いじめっこ)が無防備な体勢でパンツにシミを作ってムラムラしだして、あげくの果てに超接近パンチラ誘惑VR(CLVR-011)」の概要

パンチラ画像

AVには興味津々!夢中になり股間は無防備!AVでムラムラ発情して、股間を濡らしいやらしい愛液でパンツに染みをつくる制服姿の美少女たち。そんな愛液のシミつきパンチラをじっくりと堪能できる作品です。

メーカー:変態紳士倶楽部
レーベル:変態紳士倶楽部 VR

出演者:

「AVマニアの僕の部屋にAVを見にきた同級生(いじめっこ)が無防備な体勢でパンツにシミを作ってムラムラしだして、あげくの果てに超接近パンチラ誘惑VR(CLVR-011)」サンプル動画

「AVマニアの僕の部屋にAVを見にきた同級生(いじめっこ)が無防備な体勢でパンツにシミを作ってムラムラしだして、あげくの果てに超接近パンチラ誘惑VR(CLVR-011)」の内容

三度のメシよりAVが好きな僕の家にやって来たのは口が悪い!性格も悪い!でもカワイイ!スカートも短い同級生!!「彼氏とのSEXの予習にAV見せろよ!」とつめられて2人きりのAV観賞会!!部屋に喘ぎ声が響く中、ふと気づいて見てみると…同級生のパンティにうっすらシミが!パンツにシミが付いていく過程、至近距離でパンティをガン見アングル、そして匂いがするほどの接近パンティ誘惑に興奮が止まらない!!

「AVマニアの僕の部屋にAVを見にきた同級生(いじめっこ)が無防備な体勢でパンツにシミを作ってムラムラしだして、あげくの果てに超接近パンチラ誘惑VR(CLVR-011)」の感想

好みが分かれるところかと思いますが、シチュエーションの大切さを確認させられる作品ですね。Sっ気たっぷりな淫語を連発し、彼氏とのセックスの練習台にされるという特殊な設定、そしてエッチを強要されているような雰囲気がイイですね~。

エロ画像

動画本編はこちらから

パンチラ妄想

俺の名は隆。高校3年生の♂。俺は学校で女子に、変態とか、スケベとか、もっぱらそんな感じで呼ばれている。それというのも、高校2年生の時の話、水泳の時間女子と男子が合同だった時のこと、俺は不覚にもクラスメイトの女子達のスクール水着姿を見て勃起してしまったのだ。しかも俺はかなりの巨根でなので、海パンからズル剥けの亀頭が「こんにちは」と顔を出していたのだ。それ以降俺は、クラスの女子達から完全に変態扱いされている。特に幼馴染の彩香がひどい。完全に言いたい放題なのだ。

そんな彩香がある日の休み時間突然話しかけてきた。「おい、へんたいっ、お前スケベだからきっとAVとか持ってるよな。今日、お前の家に行ってやるから見せろよ。」と。いつものように上から目線。ただ、女のあいつがいきなりAV見せろだなんておかしいなと思って訳を聞くと、「おまえにはかんけいねぇよ、何でもいいだろっ。」とあくまで命令口調。仕方なく、「わかったよ、」と答えると、「じゃあ、後で行くからな。」と、どうやら本気のようだ。

そして放課後、俺は急いで家に帰って部屋を片付ける。そして彩香に見せるAVを選ぶ。俺はもともとパンチラ動画が大好きなので、JKのパンチラからエッチへと展開する動画を見せることにした。

そして本当に彩香がやって来た。幸い両親は帰って来るのが遅いとわかっているので、リビングのテレビでその動画を見ることにする。沙織はソファーに座り俺は床に座っている。そして動画スタート。まずは制服姿の女子高生のパンチラ誘惑のシーンから始まり、フェラへと続いていく。ちなみにこの動画は無修正。フェラしている姿がモロ見えだ。ソファーに横向きに寄り掛かるように座り、食い入るように見ている彩香をふと見ると、動画に夢中で俺の位置からパンツが見えていることに気付いていない。彩香は口は悪いが顔は可愛く、脚はかなりの美脚。そんな彩香のパンチラを俺は拝めているのだ。

すると突然彩香が、「男って、こんな感じで舐めてもらうのが好きなのか?」と俺に聞いてくる。「そりゃあ男だったらフェラは好きだろっ!」と答える俺。彩香はそのまま黙って画面を見ている。そして白いパンツはパンチラしたまま。よくよく考えてみると、今俺は制服姿の女子高生と2人っきりでAVを見ているのだ。しかも女子高生物。考えたらだんだん興奮してくる。同時に息子も元気になってきた。

俺がこんなことを考えている間も彩香は動画を黙って見ている。ここで俺はある事に気付く。それは、さっきまでは濡れていなかった彩香のパンツが濡れて染みを作っていること。彩香はAVを見て興奮して、かなり濡れちゃってるようだ、パンチラだけでも興奮している俺のムスコが、そんな姿を見たらもう全開。マックスに勃起している。

そうしている間に、動画は挿入シーンへと移っている。男優はかなりの巨根で、締りのよさそうな女優さんの膣穴に激しく突き刺さる。激しく喘ぐ女優さん。当然のように昇天する。彩香は無意識にパンツの上からオ●ンコを触っている。そして第2ラウンド開始。このとき彩香が我に返り、俺にパンツを見られていたことに気が付く。

「また文句を言われる!」と思ったのだが、少し様子が違う。「お前さぁ~、今どうなってる…」「何が?」「あれだよ、アレッ…」「あれって何だよっ?」彩香は少し怒ったように「チ●ポだよっ!お前のチ●ポどうなってるか聞いてるんだよっ!」と勢いをつけて言う。さらに続けて、「ちょっと出して見せろよっ、イイだろう別に、それぐらい…」と俺に要求。

仕方なく言われるままにズボンを脱いでパンツも脱ぐ。ギンギンに勃起した巨根が現れる。「こんなデカいのが本当に挿いるのか?」と独り言のようにつぶやく彩香。「思った通り勃ってやがるっ。お前スケベだから、私のパンツこっそり見て興奮してたんだろっ。まあ、私が魅力的だから仕方ないけどな、せっかくだから挿れさせてやる。挿れてみろ!」とここでも命令口調。そして自ら染み付のパンツを脱いだ。さっきの動画の挿入シーンの影響か、自ら四つん這いになる彩香。

俺は近づきガバっとスカートを捲る。ノーパンのオ●ンコが丸見えになる。まずは、軽く指をワレメに沿わせてみる。「アッ…」と小さな声を出す彩香。かなりの大洪水で、迎え入れる準備は万端のようだ。とはいっても俺は道程。ワレメの中を手探りで膣穴を探す。中指が膣穴に当たった瞬間、濡れまくりの膣穴は何の抵抗もなくするりと中指を咥え込む。再び小さな声を漏らす。

「これならいけそうだ!」と思った俺は、膣穴辺りに亀頭を当て、そのままゆっくりと押し込んだ。中ほどまで挿いった瞬間勢いをつけて激しく押し込む。「ングゥッ…」と声を出す彩香。両方の尻を手で掴み、そのままバックから激しく突きまくる。最初は我慢していた様子の彩香も、我を忘れて喘ぎ声を上げ始める。突き続けていると膣の様子が変わり、締め付けが激しくなる。直後に「イクゥ~…アァ~…」と仰け反って昇天する彩香。パンチラだけで十分興奮していた俺は、その締め付けに耐え切れずにそのまま発射。中出ししてしまう。俺が童貞を失った瞬間だった。

動画本編はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする