アダルト動画 DUGA -デュガ-

見れないはずのモノが見れた瞬間が最高の興奮を誘う!可愛いJK限定のパンチラ動画!

より人肌に近い柔らかさを実現

「ベテラン逆さ取り盗撮師の制服JKパンチラコレクション」の概要

パンチラ画像

可愛い制服のパンチラ厳選スペシャル!狙った獲物は逃さないベテランの凄腕の盗撮師が、可愛い女子高生限定で撮り続けた巧みのパンチラ。JKパンチラフェチの方は必見です。

メーカー:SPYEYE
レーベル:SPYEYE

「ベテラン逆さ取り盗撮師の制服JKパンチラコレクション」サンプル動画

DUGAの無料動画をガンガン見たい方へ

DUGAではどの作品もサンプル動画が見れますが、1日に5本までという制限があります。その制限をなくす方法は無料会員登録するだけです。メールとパスワードと年齢だけで登録できますから簡単ですよ。無料会員登録すればサンプル動画は見放題です。

無料会員登録はこちらから

「ベテラン逆さ取り盗撮師の制服JKパンチラコレクション」の内容

パンチラ、それは「ちょっとだけ見えることから気付かれていなかった欲求を想起し想像力が掻き立てられる」といった効果を引き起こすもの。「意識してモロに見せる」のではなく、「見せるつもりはないが何らかの事情でちょっとだけ見えてしまった」ものを意味する。何らかの事情は作り出すもの。その事情こそベテラン逆さ撮り師が作り出す至高の巧みである。

「ベテラン逆さ取り盗撮師の制服JKパンチラコレクション」の感想

JKパンチラ画像

自ら股を開き大胆に挑発してくるパンチラもイイですが、「見せないものを見る」というパンチラには違った魅力がありますね。見れないはずのものが見れ他瞬間の興奮、これが最高に嬉しいんですよね。

動画本編はこちらから

管理人のパンチラ妄想

俺じゃごく普通のサラリーマンで名前は隆。パンチラ動画が大好きで、中でも盗撮系のパンチラ動画が1番好きだ。毎日のようにパンチラ動画を見てはオナニーをしている。そんな俺がだんだん自分でパンチラを盗撮したくなってきた。

俺はネットで小型のカメラを買い、改造して目立たなくした。バレないためにはどこに仕掛けるかを考え、いろいろ考えた結果、花束に仕込むことにした。花束といっても小さな花束で、それをカバンに入れて、その中にカメラを仕掛けるのだ。この準備に数週間かかった。そしていよいよ初めての結構。かなりドキドキする。逸る気分を抑え、放課後女子高生がよく集まるデパートへと赴く。このデパートでは時折、生パンチラにお目にかかるので、パンチラスポットとしても俺が利用しているデパートだ。

デパートに入るとまずはターゲットを物色する。偶然にもかなりのミニスカートの女の子がエスカレーターに乗るところだったので、少し後ろに俺も乗る。見えそうで見えないもどかしい状況。「このまましゃがんで見上げればパンツが見れそうなのに!」と思いながらもさすがにそんなことはできない。

エスカレーターを降りると、雑貨コーナーへと足を運ぶ女子高生。「しめた!あそこなら怪しまれずに尾行できる!」と思った俺はそのまま雑貨コーナーに入る。距離を保ちながらチャンスをう伺う俺。その間も女の子はいろいろな商品を物色しながら歩き回っている。

ふと女の子が小物を見るために立ち止まった。「チャンス!」と思った俺は、背後から近づく。商品選びに夢中になっている女子高生は、俺には気付いていないようだ。角度を考え、女の子の足元にカバンを近づける。しばらく停止してそのまま何事もなかったように立ち去る俺。「おそらくバッチリ撮れたはずだ!」とワクワクする。

同じコーナーで、もう1人、ミニスカートの制服JKを発見。こちらも商品選びに夢中のようだ。同じように背後から近づきカバンがスカートの近くになるような位置に俺が立つ、偶然少し前かがみになってくれた。「きっとカメラはJKのスカートの中を覗き込んでるんだろうな~」なんて思いながらその場を立ち去る。

俺はそのまま自分の部屋に直行。早く撮影した動画が見たい。家に帰ってすぐに動画をチェックする。再生ボタンをクリックすると、デパートの点状が映っている。クリックして先へと進めてみると、ばっちりパンチラが映っていた。女の子のパンティは白のTバック。食い込み気味のTバックがばっちり撮れていたのだ。いろいろな意味で大興奮の俺とムスコ。

そのまま先に進めて2人目の女の子をチェックする。こっちも1人目と同じようにパンチラがばっちり移っていた。ただ1人目よりもかなりエロい映像。というのも、この子は、少し前かがみ位なった瞬間をとらえていたので、股間までばっちり映っていたのだ。しかも黒のTバック。パンティが食い込みまくりで、陰毛とハミマンまでばっちり見ることができた。

この時点で、チ●ポはマックス勃起。この日は自分で撮影したパンチラ映像で、2回抜いた…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする