アダルト動画 DUGA -デュガ-

制服JKがパンチラしながらエッチな淫語で貴方に語り掛ける!ムラムラ度抜群のJKフェチ動画!

より人肌に近い柔らかさを実現

「女子校生のむらむらするパンチラ パンモロと可愛い淫語 1 HD」の概要

JKパンチラ画像

制服姿のかわいい女子高生たちが、パンチラやパンモロ、そしてエッチな姿を見せながら、貴方だけに優しく淫語で語り掛けてくる!ムラムラさせられること間違いなしの主観映像です。

監督:藤江田龍蔵
メーカー:映天
レーベル:部活動

出演者:武藤つぐみ 芹野莉奈 若月まりあ 川越ゆい 荒木まい

「女子校生のむらむらするパンチラ パンモロと可愛い淫語 1 HD」サンプル動画

「女子校生のむらむらするパンチラ パンモロと可愛い淫語 1 HD」の内容

女子高生フェチの皆さん必見!制服姿の女子校生のパンチラや誘惑パンモロをはじめとして、女子校生のエロスに徹底的に拘った作品です。パンチラなどの視覚的なエロから、淫語を含む聴覚的エロ、ダブルで女子高生のエロを味わうことができます。さらには主観映像と言うことで、女子高生たちは貴方だけにエッチな言葉を優しく囁いてくれるのです。セックスとはちょっと違ったフェチ的なJKの魅力をたっぷりと味わえますよ。

「女子校生のむらむらするパンチラ パンモロと可愛い淫語 1 HD」の感想

JKパンチラ画像

タイトル通り「ムラムラさせられる作品」ですね。パンチラも良いし、淫語も良かったですよ。制服姿の女子高生が白いパンティの中に手を入れて指をモゾモゾさせながら、「ココのちょと先にオ●ンコがあってぇ…」とかたまんないですよね。ほかにも、「オ●ンコも舐めてって言っちゃうかもよ」とか「まいのオ●ンコ、貴方のこと欲しくて、ずっと疼いてるんだよ」とか、ムラムラさせられるような淫語がたっぷりです。パンチラと淫語の両方が十分楽しめますよ~♪

動画本編はこちらから

管理人のパンチラ妄想

俺の名は隆。普通の大学生。ある日のこと友人の卓也の部屋に遊びに行き玄関の呼び鈴を鳴らすと、「は~い。」と制服姿の女の子が出てきた。一瞬、部屋を間違えたかとも思ったが間違えていない。俺が戸惑った顔をしていると、「あっ、私、妹なんです。ちょっと用があってお兄ちゃんの所に来たんだけど、まだ帰って来てなくて、今待ってるところなんです。」とその女の子が説明。「お兄ちゃんに用があって来たんですか?」「はい。」「もうすぐ帰って来るんで、上がってください。」と言われ、部屋に通される俺。

「適当に座ってください。」と言われソファーに座る。すると、その子も俺の正面のソファーに座り、読みかけだったっぽい漫画を読み始める。俺も暇なので、スマホを眺めることにした。スマホを見ながらも漫画を読んでいる妹が気になる。というのも、生脚にミニスカートで脚を組んで漫画を読んでいるので、パンツが見えそうなのだ。チラ見するもののなかなか見えない。

すると漫画を読み終えた妹が立ち上がり、新しい漫画を撮るために本棚の所へ行く。その時ラッキーが起こった。本棚に行くときに、床に置いてあった姿見を跨いだのだ。かなりのミニスカートなので、行きと帰りの2回、姿見は見事に妹の白いパンティを鏡に映し出す。パンチラをバッチリ拝むことができたわけだが、ラッキーパンチラはそれだけでは終わらなかった。

新しい漫画を、再びソファーに座って読み始める妹。今度は脚を組まずに読んでいるが、しっかりと足を閉じているので、パンツは見えない。相変わらずスマホを見ているふりをしながらチラ見する俺。しばらくその状態が続いた後、突然妹が、ソファーの上に脚を乗せ、体育座りのような感じになる。太ももは閉じているものの脚とふくらはぎは開き気味なので、M字開脚程大胆ではないが、それに近い状態でふくらはぎの間から股間の部分が丸見えに!漫画に夢中の妹の目を盗んで、じっくりとパンチラを堪能できた。

当然、俺の相棒はギンギンになって先っちょからよだれを垂らしている状態。「オナニーで1発抜きたい!」なんて思っていると突然「オナニー…」という小さな声が聞こえる。頭の中に「???」が浮かぶ。すると今度は「オナニーしていいですよ!」という声が…

とここで、漫画を読むのを止めてこっちを見ている妹と目が合う。「隆さん、さっきから私のパンツ、チラ見してたでしょっ!バレバレですよ~。おチンチンがおっきくなってのもバレバレだし…」と言われる俺。そして妹は言葉を続ける。「いいですよ…、おっきくなったおチンチン出して、私のパンチラ見ながらオナニーしても…」と言い、今度は大きく股を開いてM字開脚になる妹。からかわれてるのかとも思ったが、どうやら本気で言ってるようだ。

女の子の目の前でオナニーするなんて恥ずかしいと思いつつも、逆にそんなシチュエーションに興奮する。意を決した俺は、立ち上がってズボンとパンツを下し、反り返ったイチモツ<出す。右手でシゴき始める。/p>

しばらくM字開脚のまま俺のシゴく姿を見ていた妹は、いきなり立ち上がり俺の近くにやって来て「男の人のオナニーってこうやってするんですね。私にヤラせてください!」と俺のチンポを握ってくる。「あっ、これじゃパンチラが見れないですね。じゃあ代わりに…」とシャツのボタンをいくつか外し、俺の手をブラの隙間から突っ込みオッパイを触らせる。「パンチラの代わりにこれじゃだめですか?」と聞かれ「はい…」と答える俺。

「じゃあ、始めますよ!」と俺にオッパイを触らせたまま、手コキしてくれる妹。しかし、体勢的にちょっと無理がある。それに気付いた女の子は「これじゃヤリにくいな~、そうだっ!仰向けに寝てください!」と俺を床に寝かせて、シックスナインの態勢でちょうど彼女の股間が俺の目の前に来るように俺に覆い被さってくる。「これならパンツも見えるし大丈夫でしょっ!」と何故か得意げに言う妹。

そしてそのまま再びチ●ポを握ってシゴき始めた。目の前には、パンツ丸見えの股間、そして制服姿の女の子に手コキされているチ●ポ、いろいろな妄想が頭に浮かぶ。俺は恐る恐る、手でパンティをズラしてみる。間近で見るJKのオ●ンコのワレメ。「やっぱり男の人ってマンコが好きなんですか?」と妹。

そうこうしているうちに我慢できなくなりあえなく発射。「キャッ!」と妹が声を上げる。ここ2,3日抜いていなかったので大量に発射してしまった。勢いよく発射された白い液は、妹の顔を直撃!結果的に顔射してしまった…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする