アダルト動画 DUGA -デュガ-

6人のデニスカギャルの艶つやの太ももと綿パンをじっくり至近距離から覗けるパンチラ動画!

より人肌に近い柔らかさを実現

「むちむちのデニスカぱんちら」の概要

デニムパンチラ画像

6人の女の子たちの、デニムススカートからのぞくムチムチの太ももとパンチラをたっぷり収録しました。目の前で見る艶つやに弾ける太もも、恥肉やお尻の形を浮き立たせ密着する純綿のパンティがたまりません。

メーカー:アロマ企画
レーベル:アロマ企画

「むちむちのデニスカぱんちら」サンプル動画

DUGAの無料動画をガンガン見たい方へ

DUGAではどの作品もサンプル動画が見れますが、1日に5本までという制限があります。その制限をなくす方法は無料会員登録するだけです。メールとパスワードと年齢だけで登録できますから簡単ですよ。無料会員登録すればサンプル動画は見放題です。

無料会員登録はこちらから

「むちむちのデニスカぱんちら」の内容

デニムスカートの女の子が、突然貴方の目の前までやって来て、手の届く距離で大胆に脚を開きパンティを見せつけてくる。貴方の視線に気づいた彼女は恥ずかしそうにスカートの裾を直している。だが、相変わらずパンツは見えたままだ。6人のムッチリ太もも&匂い立つ綿三角パンツをじっくり舐めまわすようにお見せします。

「むちむちのデニスカぱんちら」の感想

デニムパンチラ画像

デルタゾーンの恥肉を隠すように密着して張り付いている綿のパンツを、目の前で直に見ているような気分になれていいですね。マンスジがバッチリの女の子もいます。匂いまで嗅げそうな雰囲気がたまらなく興奮しますよ。デニチラの魅力を堪能できますね、

動画本編はこちらから

管理人のパンチラ妄想

ごく普通のサラリーマンでパンチラが超がつくほど大好きな俺は、ある日まるで妄想の世界のような出来事に出会うことができた。これはその時の俺の体験談である。

この日俺は仕事を終え、夕食を食べるためにごく普通のファミレスにやって来た。案内されたテーブルに座り、ふと斜め前のテーブルを見ると、可愛い女の子が座っていた。「可愛い子だな~あんな子のパンチラが見たいな~」なんて思いながら、彼女が座っているテーブルの下に自然に目が向く。

その子はかなりミニのデニムのスカートで、軽く脚を開き気味だったので、三角ゾーンから白いパンティがチラッと見えている。「ラッキー」と心の中で叫びながらチラ見していた。本当は彼女のテーブルの下に潜り込んでガン見したいぐらいなのだが、さすがにそこまではできない。そんなことを思っていると彼女は食事を終え、先に店から出て行ってしまった。

俺も食事を終えファミレスを出ると、すぐそこにパンチラを見た女の子が立っていた。そして俺に話しかけてくる。「おじさん、さっき私のパンツ、チラ見してたでしょ。」といきなり言ってくるのだ。「イヤッ」としらばっくれる俺。「隠さなくていいのよ別にっ、怒ってるわけじゃないんだから!それよりおじさん、パンチラ好きなのっ」といきなり質問してくる女の子。どう反応してよいかわからず黙って頷くと、「じゃあ~、もっと見せたげよっかっ!私の部屋すぐそこだから!」と歩き始めるのだ。

訳が分からないまま女の子についていくと彼女の部屋に上げられソファーに座らされた。そして彼女は正面に座る。割と大きく脚を開いているので、すでにデルタゾーンが丸見え。俺が股間から視線を逸らしていると、「いいのよ、遠慮せずに見ても。たっぷり見せてあげるから!でも、ちょっと条件がるんだぁ~」という女の子。そのまま話を続ける。「実は私、男の人にいやらしい目で見られて興奮するタイプなんだよねぇ~だから、私のパンチラ見ながらそこでオナニーして欲しいのっ!」といきなり、自分のパンチラを見ながら俺にオナニーするように要求してくる。

ためらいながらも「よろしく。」と俺が言うと、「交渉成立ねっ。じゃあ、私がおチンチン出してあげるねっ!」と俺を立ち上がらせ、ベルトを外しズボンもパンツも下ろされてしまう。「なぁ~んだぁ~、まだおっきくなってのねっ。座ってっ!」と言いながら正面のソファーに彼女も座る。そしてパンチラサービス開始。いろいろなアングルでパンチラを見せてくれる彼女。そのうちムスコが起き上がってきて全開になる。

M字開脚でソファーに座っている彼女が「うわぁ~おっきくなっちゃった。じゃあ、シゴき始めてっ!」と言われ、言われるままにチ●ポをシゴく俺。その間もいろいろなエロいポーズでパンツを見せてくれている彼女。そして再びソファーの上でM字開脚になると、今度はパンティの上から指でオ●ンコを摩り始め彼女もオナニーを始めた。

よく見ると、彼女の綿の白いパンティの股間はすでに湿っていた。軽く喘ぎ声を上げ始める彼女。俺も限界が近い。そろそろ厳しいかと思っても発射を我慢しながらシゴいていると、先に彼女が「あっ…もうダメっ…イッ…イクゥ~…」とビクンビクン身体を震わせながら先に昇天。その姿を見て俺のムスコも爆発。ほぼ同じタイミングで射精してしまった。

少しして彼女は「おじさん、ありがとう、お礼に舐めたげるねっ!」とお掃除フェラまでしてくれた。まさに夢のような出来事だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする